ブログトップ

月の風だより

wanomichi.exblog.jp

風を感じて 空を感じて あなたの中にある光を感じて…

<   2007年 05月 ( 12 )   > この月の画像一覧

迷い捨て
信じた道を
ひたすらに
歩み進めて
いくことが
真の花を
咲かすに至る

決めた私を生ききる

道の先には必ず
神仏が笑みを称えて
待っていてくださるでしょう
[PR]
by nyaunyauchan | 2007-05-28 12:58
晴れの恵み
雨の恵み
風の恵み
空の恵み
土の恵み
花の恵み
木々の恵み
水の恵み
命の恵み

たくさんの恵みの中を
わたしたちは生きている

今 ここにあるこの瞬間に
どれほどの恵みが詰まっているか
心を傾けて
その恵みのせせらぎを聞いていこう
[PR]
by nyaunyauchan | 2007-05-25 08:31
人には必ず魂があり
魂には必ず役目があり願いがあります

小さく見える役目に思えても
それが本当に小さいかどうかはわかりませんし
たとえ大きな役目を担ってきたところで
それがすごいとか尊いというわけでもありません
どの役目も等しくあり公平であり尊いものです
そこに勝手な意味付けをして
私はすごいとか
反対に私はダメだと思うことや
あの人は素晴らしい
あの人は大したことはないかも…などと判断することは
我の闇を広げる考えです

何よりも大事なことは
今 自分がこの世に在る事実
自分で願い生まれ
また自分の意思により生き
そして生かされてあるという
そのすべての導きと尊さにこそ
思いを馳せていきましょう
[PR]
by nyaunyauchan | 2007-05-21 07:30
今日訪れた出会いは
あなたになにをもたらしたでしょう
その時にはわからなくとも
数日後 数ヶ月後に驚くような出来事をもたらすことがあります

その瞬間にはわからなくとも
その縁が信じられない幸運を運んでくることはあります
ではその幸運はどのようにしてやってくるのでしょう

昔話にはよく 心の優しいおじいさんと
欲張りで意地悪なおじいさんが登場します
同じ出来事を経験するのですが
心のよいおじいさんには幸せが訪れ
欲張りなおじいさんには不幸が訪れます

当たり前のような展開のお話ですが
そこにはとても深い意味が隠されていますね

幸せというものは結局のところ
自分の心の在り方によって訪れるチャンスということです

ギリシャ神話の中に チャンスの神は前髪しかなく
チャンスをものにしたければその前髪を摑むしかないという話があります
チャンスをつかむためには その縁を正しく見極め判断し
そして躊躇せずに一歩を踏み出す勇気が必要だということです

要らぬ力をいれず緩やかで和やかな己が
真を見極める目を持つ
その己によって日々を生きることこそ
チャンスを見逃さず活かしきることができるのです

そしてもうひとつ 
チャンスをもたらしてくれるのは
かならず人の縁によるということ
それ故に人との出会いの中で
いつも本物の笑顔を絶やさずに
いるということが大事なことなのです
[PR]
by nyaunyauchan | 2007-05-19 23:45
心にどんよりとした雲がかかり
もやもやがとれない状態が続く
苦しくてつらくて
何をしていても涙が出る
何を食べてもおいしくない
もう何もしたくない・・・
想像は想像を呼び
いつしか自分の中で物語は大きく膨らんでいく
解決しない明日
二度と笑えない私
まだ訪れていない明日を思い煩い
二度と訪れない今という時間を投げやりに生きる

けれども実はこの苦しみは誰かに与えられているものではなく
自分自身の心が作り出している問題・闇なのです
闇と聞くとあまりにも恐ろしい存在を
思い浮かべてしまうかもしれません
けれども闇は誰の心にも存在しえるものです

心の闇は誰かによって作られるわけでなく
もちろん悪魔が棲みついてしまうわけでもありません
だからこそその闇は自分で消すこともできうるのです

闇を知り闇を抜け
真実の自分の光を知っていく

闇があるからこそ
光の大切さを
本当に知ることができるのかもしれません
[PR]
by nyaunyauchan | 2007-05-18 14:30
ただ在るその事実を
そのままに受けとめる

頭で考えすぎるのでなく
ただそれを味わってみる

ただただ感じ入ってみると
そこには溢れんばかりの
感謝が込み上げてくるものです
[PR]
by nyaunyauchan | 2007-05-16 21:21
遠い昔から紡いできた様々な願いや祈りを
受け継いで引き継いでいく人は
そうは生まれてこないかもしれない
けれどほんの少しでもこの星の未来を考えて
一人一人が行動に移したら
一人の偉人の力がなくとも
この星は守られ育まれ続いていくかもしれない
過去と今と未来のかけはしになる人は
今ここに在る私自身であることを
誰もが気付いていけるように・・・
[PR]
by nyaunyauchan | 2007-05-15 12:32
世の中にまかり通っている常識
常識とはいったい何なのでしょう

みんなが守るべきこと?
世間の人から恥ずかしいと思われない行動?
「常識」という言葉をわけて考えてみると
常に意識してあること・・・になります
常に意識してある・・・では、何を意識しているのでしょう?
親の目?他人の目?世間の目?
それとも
自分自身の目 神様の目・・・

恥ずべき行為というものは
少しずつ人によって違うものかもしれません
けれども 自分自身の中にある真の目
光の心に照らしてみたときに
これはしたらいけなかったな・・・
これはしないほうがいいな・・・と思うことは
二度とその行為を繰り返してはいけないと
深く認識し 意識し続けていかなければならないでしょう

また反対に
これをしたらみんなが喜んだ
こんな私でいたらまわりの人が笑顔になった・・・など
自分の行いによって周りが幸せになったときには
これを常として意識し行動できるとよいのでしょう


いまどきの若い子は常識も知らない・・・などといわれる今般ですが
一見 奇抜に見える若者の方が
お年寄りや小さな子を連れた母親に
席などを譲る行為を さらっとやってのけたりしています
明るく周りの方々に思いやりのある生き方をしている人こそ
本物の常識人であるといえるかもしれません

自分自身の心の目 
神様からいただいた光の目
その行いが自分の中で幸せと思える行為でありますように・・・
[PR]
by nyaunyauchan | 2007-05-14 12:49
痛みを引き受けたとき
はじめて開く扉がある

あらがっているうちは
決して気付くことのない開示

痛みを感じることができ
痛みを引き受けることができた
あなただからこそ
訪れたその輝きが そこにある
[PR]
by nyaunyauchan | 2007-05-11 09:59

真に深き縁があれば
二度と会えぬかもしれぬその人に
また出会うときが訪れる
それは一〇〇年、一〇〇〇年
先の話かもしれないけれど・・・

後悔しない今を生ききるコツは
ご縁のありがたさを深く味わってみること
[PR]
by nyaunyauchan | 2007-05-08 20:56