ブログトップ

月の風だより

wanomichi.exblog.jp

風を感じて 空を感じて あなたの中にある光を感じて…

<   2010年 05月 ( 8 )   > この月の画像一覧

つい今しがたまで
家の前の空き地に出て
山の上方に輝く月を
家族で観ていました


今夜の祈りは
先ほどのブログに書いた通り
終えていたのですが
部屋のカーテンを開けたまま息子が寝ていたので
カーテンを閉めに窓辺に寄りましたら
月がさらにまばゆく光
その月の真上を白い龍がひとすじゆっくりと渡っていく姿を見つけたのです

白いひとすじの雲に見える方もいらっしゃるかもしれませんが
たとえそれでも龍のように見えると誰しもが言うであろう雲形です



うっすらと白く覆われた空月の周りには
淡い虹色の月輪がきらめき
龍は長い長い体を
ゆったりと伸ばし
ゆっくりと月に絡みながら西から東へと渡っていきました

とても美しい天空絵巻を見せていただきながら
再び平和と調和の祈りを捧げました



美しいひとときを
心からの感謝とともに…


みなさまにも
しあわせな美しいひとときが訪れますように…。
[PR]
by nyaunyauchan | 2010-05-29 01:45
うつくしいお月さまのお姿に向かい
今夜も平和と調和のお祈りを
させていただくことができました


静かな心で大いなる自然や
大いなる存在とひとつになり
祈りを捧げることのできるのは
とても満ち足りたしあわせな時間です

わたしにとってはお月さまは
幼い頃から特別な存在で
誰に言われたわけでもないのに
こどもの頃から お月さまに向かって
毎晩のように手を合わせていました


祈りという行為の本当の意味を知らなかった昔
自分のための祈りに心が傾いてしまうときは
どこかで何かが違うように感じ
祈っていても祈り終わったあとも
心の平安が訪れることはなかったように思います

そのような若いころでも
自分を超えた広い世界に向かい
心を広げ祈ることができた時は
不思議と心が満たされていたことを思い出しました




そういえば、わたしの息子も
まだまだ幼い時代
なにも言わなくても
お月さまに手を合わせていました

お月さまを見にいく散歩が
毎晩の日課でもあり
このお散歩がないと
夜はまったく寝てくれないので
雨や曇りの日はとても困ったものです


きっと幼い頃は
誰もが自然に感じ取っていた
感覚なのでしょうね


素直な心 純粋な心は
うつくしい光と繋がり
神さま方はいろいろな学びを
与えてくださるのかもしれません


しあわせと感じる平安な時
祈りとともに感じてみてください
[PR]
by nyaunyauchan | 2010-05-28 23:33
月は、五感・直感・霊感の感性を、
研ぎ澄ませる力を秘めています。


今夜、日本のどこでなら、美しい月を愛でることができるでしょう…。


わたくしは、残念ながら、本日のウエサク祭の参加は、
見合わせることとなり、現在、山形におります。
山形の空は、まだ、雲に覆われています。


以前いただいたメッセージに
『月は水に絡み 水は龍に絡む…
月の波動は、浄化のエネルギーに満ち、
心や体のいらないものをふるい落とす力がある。
その月の光の波動を受けた神水をいただくと
心身に再生の力が甦る…』
というものがございました。


お時間が許すならば、
お近くのお水場(湧水・清流など)へ
向かわれるとよろしいですよ。
月が水辺に映るところなら尚よいと思います。



昼間、山形蔵王の温泉に入りましたら、
いつもと質感が違い
ぴりぴりした感がなく、
やわらかで、かろやかなお湯になっておりました。
温泉も影響を受けているのかもしれませんね。

入浴後の体の感じも、不思議といつもとは違い
とても軽い感じがしています。



さて、わたくしはこれから、
ある聖域へとご神事に向かいます。

そのあと、月の波動を受けました
ご神水のお水取りをいたしてまいります。


ご神水をご希望の方は
moon-rabbit1122@nifty.comまで

とはいえ、とっても貴重なものですので、
先着3名までとさせてくださいね。
[PR]
by nyaunyauchan | 2010-05-27 19:39
五月の満月には天界と地上の間に通路が開け、
ひときわ強いエネルギーがふりそそがれるという。

この夕、満月に清水を捧げ心のともし灯を輝かせつつ、
ふりそそがれる神秘的なお力を身に受けて、
分とすべてのものの「めざめ」のための熱い祈りを捧げるのが、
光と水と聖音の祭典「五月満月祭(ウエサクさい)」である


上記は、京都・鞍馬寺で行われる奇祭『ウエサク祭』の
資料の一部を抜粋したものです。
(詳しいことは、鞍馬・ウエサク祭で検索してみてくださいね)


天体暦上は、満月は28日のAM8時頃になりますが、
お祭りは、明日の夜19時より夜を通して行われます。
わたくしも、明日、参加させていただくつもりでおります。


お祭りにご参加になれない方も、
今いらっしゃるその場にて、
心を清め、心を合わせ、祈っていただくことで、
大いなるエネルギーとひとつになることはできるものです。


個のための祈りは、我でしかありませんので、
どんなに一生懸命祈っても、叶うことは難しいもの。
特に、このような時の祈りでは、
個の祈りは禁物です。


むしろ、今、生きていることに感謝し、
世の中の平安、世界の平和、
この星に生きるすべての生命の調和を
心か祈っていただくことこそが、
自らを真実のしあわせに導くことになります。


明夜、お時間のある時に、
心を静め、夜空の月を愛で、
祈りのときを持っていただければと思います。
[PR]
by nyaunyauchan | 2010-05-26 18:40
もっと勉強していたら
あの時諦めなければ
あそこで別の道を選んでいたら…

あの時代に帰りたい
そう思うことは誰にでもあるかもしれません


失敗を積み重ねて生きてきたように思えて
悔やんでも悔やみきれず
自分を苛んだり 誰かを恨んでみたり


解決できない迷いの森に入り込み
時を重ねていく虚しさからは
新しい光を生み出すことは難しいものです


そもそも『失敗』と思っていることが
本当に失敗だったのかはわからないことですね


以前にも記しましたが
足りないことを知るためにも
わたしたちはこの世に生を受けているのです


失敗をおかすことは間違いではありません
痛みを伴わない人生を歩んでしまえば
他の人の痛みを感じ取る力は養えません


他の生命の痛みを感じ取る力は
自身の祈りを呼び覚まします

真の祈りとは自分の欲得のためのものではなく
慈悲と慈愛に満ちた永遠なる光を
己に顕わし世の中に顕わしていくことなのです


過去を省みて苦しみを生みだしてしまう反省はもうおしまい
ここからは自分の本当に生きたい道を
歩み始めてみませんか
[PR]
by nyaunyauchan | 2010-05-24 19:16
森の奥深くにある
水のみなもと
生命のみなもと
ひかりのみなもと


やわらかでおだやかな
水流のみなもと
ひかりのみなもと


還ろう
本当の居場所
ひかりのみなもとへ…


あなたも
わたしも
だれでも
つながっている
ひかりあふれる世界


思い出して
心の奥にきらめく
ひかりの泉

誰もが心の中に
ひかりの森を持ってる
[PR]
by nyaunyauchan | 2010-05-23 00:23
あなたの
その一瞬のほほえみで
笑顔になれる人がいること

あなたの
その優しいまなざしで
心の傷が癒される人がいること



あなたが笑顔でいれば
その笑顔は伝染して
笑顔いっぱいの世の中になる


あなたがイライラしていれば
そのイライラは伝染して
世の中はギスギスした痛い世界へ
色を変えていくかもしれない



自分の中にある光
だれの中にもある光
忘れないでね
消さないでね


もし消えてしまっているように見えても
だいじょうぶ

その胸のもっともっと奥に
あなたがまだ気づいていない
美しい光が宿っているから…


ひかりのわたしへ
今ここから始まる旅
[PR]
by nyaunyauchan | 2010-05-21 16:37
風が生まれる瞬間
風が意思を持ち
この世に生まれるその瞬間
そんな瞬間を知っていますか

その風は
あちらこちらへと
光の思いを届けに翔けまわる


今その髪を揺らし
その美しい木々の緑をふるわせた
その風

その風には
そこに住まう神や仏や精霊の
思いが宿っているかもしれない


風薫るこの季節
ゆっくりと風を感じてみてください
そしてあなたに向けたメッセージを
自らで感じ取ってみてください


風はいまも新たに生まれきて
人々に
さまざまな生命に
生きる力を生きる光を
届けてくれています



『その風に いつも こころの み仏の舞い』
[PR]
by nyaunyauchan | 2010-05-20 23:10