ブログトップ

月の風だより

wanomichi.exblog.jp

風を感じて 空を感じて あなたの中にある光を感じて…

<   2011年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧


c0100174_23344720.jpg


その小さな風に乗せて 届く光がある
その小さな光に乗せて 届く愛がある

その愛に繋がる私の中に 輝く未来があり
輝く真実の願いがある


いのちある限り いのちは輝く 願いは輝く


木々のさえずり 小鳥の歌声
薫る風に乗せて届く 初夏の瞬き

そこにはまだ見ぬ 新しい生命の息吹が潜み
そこにはまだ知らぬ 新たな神々の光が宿る
[PR]
by nyaunyauchan | 2011-05-22 23:42 | いのち
その心とともにあり続けた
大いなる願いを

わたしという存在の中に眠る
大いなる光のチカラを

このわたしが今生きるこの時代に起こった
すべての出来事は
わたしという存在そのものからかけ離れたところで
起こっているわけではないことを
わたしの本体・魂は知っている


今 この時代に生きている人はみな
今 この時代に起きている出来事すべてに
関わり合い繋がり合ってあることを


その心とともに すべてがある
その心とともに すべてがひとつにある


この小さなわたしという存在の中に眠る
大いなる光のエネルギーを
わたし自身が思いだすことのできるように


自らのその心に素直に 耳を傾けてみよう
その心とともに わたしがあり続けていかれるように・・・
[PR]
by nyaunyauchan | 2011-05-19 00:47
言葉はいつだって
自分自身の味方にもなり
自分自身の敵にもなり得る

その言の葉に宿したい思いは
憎しみ・恨み・辛みだったの?

それともただ
寂しくて悲しくて振り向いてほしくて
意地を張ってしまっただけの言の葉?


その言の葉に乗せたかった思いが
もし本当は「愛」だったなら


もう一度自分に素直に・・・


美しき言の葉には
美しい神の光の宿る

その美しき光は
あなたの愛を彩る
新たな言の葉を生む
[PR]
by nyaunyauchan | 2011-05-15 00:17
思いの数だけ 涙は溢れ
思いの数だけ 痛みは溢れる

この星は 痛みと苦しみに覆われた三次元という苦界
そんな苦界をあえて選び 生まれいづることを希望した
わたしたち「人」という存在

自信を失くしたり 誰かと比較したり
希望を失ったり 夢をあきらめたり
そんなマイナスな出来事の応酬に
それでも生きることを続けていく人々

それでもなお生きようとするそのチカラは
どこから生まれてきているものなのか


勇敢なる魂を持つわたしたち人間は
あえてこの苦界を選んで生まれてきたのだ

なぜならそれは 今という現実の苦しみの中にこそ
魂の学びがあることを この身の奥に宿る私自身・魂自身が知っていただかこそ


今を生きることは 誰でもない 自分自身が選びとってきた現実
その現実をどのように生きていくのか
その「今」という瞬間を生ききるために
私は何を為せばよいのか・・・

もう一度 見つめ直して

思いの数だけ 答えはある
思いの数だけ 希望はある
あたたかな思いの数だけ この世の希望は大きく膨らんでいくから・・・
[PR]
by nyaunyauchan | 2011-05-13 13:55