ブログトップ

月の風だより

wanomichi.exblog.jp

風を感じて 空を感じて あなたの中にある光を感じて…

新政府の中で、自分が何かの役に就いて生きていくつもりは、
ことさらになかった。
新しい時代で自分だけ幸せになって生きていくというのを良しと思えんかった


そこには誰もが平等でみんなが学んで共に笑いあえる世界があればいい
争いからは何一つ生まれるもんはない
どこかで争いの種を摘まにゃならん
そう思っとったきに・・・



江戸そのもんの暮らしや文化には笑いがあった
地方と江戸との差は歴然としていた
学ぶ喜びは等しく与えられない世界
だからこそ誰もが自由に学び自由に生きて笑える世界を作りたかった
わしの真髄にあったのはそれだけじゃあ


学ぶことさえできれば自分で考えることのできる頭を持てる
自分で考えることのできれば自由になれる
いろんな軋轢があったとしても心の自由があれば
人は夢を持てる


あの時代は夢があった 志があった
いつの頃からか 日本には夢がなくなった
夢に向かって志を掲げている時代は
人々の中に大きな波が起きる
それが時代の波になる

意識の下がった人間たちの集まりでは
大きな波 変革を起こすことは難しい


どちらに向かいたいんかを
誰もが考えて生きねばならん世界じゃき
この世に生きる間に五万と考え行動せにゃ
この国もこの星もこのまんま自堕落に滅びるだけぜよ


こども達の笑っていられる世の中が作られていかないならば
その国は死を迎えていく国になるじゃろう
[PR]
# by nyaunyauchan | 2011-07-03 17:50 | メッセージ
わしには 神、仏の声は聞こえんかったが
自分の心の中に響いてくる声があった
その声に突き従って その瞬間を生き抜いた
その声は 思えば、己の中に宿る神の声じゃったんだろうと思う


思い返せば、あの時の前に     *あの時=暗殺される時
「危ない」という声を聞いちょる
「気を付けないかんよ」と言われた
じゃが わしがその声を自分の中で流した


わしはな、大政奉還を成したあとの自分の役割っちゅもんが見えなかった
時代を移していくという時には、様々な人のいろんな意見っちゅうもんがあって、
それこそ、あん時代は侍の世の中じゃき、
人の命の重みよりも、お家や殿様、将軍様が大事な世の中じゃ

それを覆そうっちゅうわけじゃから、そりゃ幕臣はみな倒幕派の人間を恨みに思う
いくら戦国の時代とは違うと言ったところで、侍は侍でしかない

誇りを傷つけられるくらいなら死を選ぶ
誇りを守るためなら死を厭わぬ
そんな時代じゃき それを覆す存在達いわゆる倒幕派の連中を一掃しようと
さらなる血なまぐさい事件が起きる寸前にあったんじゃ


このままではせっかくの大政奉還も水の泡になる
倒幕派の人間に向けられる刃の矛先を
誰かが引き受けなきゃならんのじゃないか
そんなことを考えとったんじゃ

大政奉還を成し得た先の未来は
わしじゃない誰かが作っていったらええ

この問題のカタはわしがつけんとならん・・・
暗殺の噂はあちらこちらから耳に届いとったが
どこかでそうなるんは仕方のないことと思っとったんじゃ


それを引き受けることが
この国が新しく生まれ変わるための礎となるじゃろうと思ったんじゃよ


つづく・・・
[PR]
# by nyaunyauchan | 2011-07-02 18:36 | メッセージ
c0100174_0124616.jpg


この世をしあわせに生きるための
さまざまなメッセージ
それはその日だけのものではなく
これから訪れる未来に於いても
必要になる言霊


苦しくなったとき
辛くなったとき
何かを求めているとき
自分を進めたいとき
ご自身の力でその言葉を引き寄せてください

やり方は簡単です
ブログの右側に過去ログの年月が記載されています

心を静めその年月のどこかをクリックしてみてください
そうするとその月のブログ記事の題名が上の方に出てきます
そうしたらもう一度心を合わせて
どれか一つをクリックしてみてくださいね


ご自身が引き寄せたその言葉は
その時のあなたにとって大事なことを示唆しているはずです

頭で考えず心で味わってみてください
きっとご自身の中から
ヒントが見えてくるはずです

自分の力を信じて・・・!!
[PR]
# by nyaunyauchan | 2011-06-25 00:13


あなたがここにいるから 
わたしはここにいるよ
あなたがここに生きるから
わたしはずっとここに生きるよ


どんなに遠くにあっても
わたしはあなたのそばにいるよ


あなたの涙が乾くまで
あなたのもとに風を贈ろう
さわやかな風に乗せて
わたしの思いを光にかえて


その心の渇きが癒えるまで
あなたのもとに歌を贈ろう
清らな川のせせらぎの歌
響かせたまえ その心まで


美しいこの海をもう一度
その瞳で感じてほしいから
海の青さはどこまでも続く
空の青さとひとつになれる

美しいこの星をもう一度
その心で感じてほしいから
空に渡る風とともに
わたしはあなたに光を渡す




ずっとね そばに
あなたのそばに 
いつもいつも あなたを守る

遠く離れているように見えても
あなたとわたしはいつの時でも
繋がっているからだいじょうぶ


この星の美しい喜びを
その胸に大きな感動を
愛とともに 夢とともに 
希望を抱いて 信じて生きて


わたしはここで あなたの夢を応援する風になるから 
[PR]
# by nyaunyauchan | 2011-06-17 15:24
こどもの頃の自分に戻って
わたしが本当にやりたかったことを思い出してみよう

あの時 あの瞬間
心が大きく動いた その感動は
一体なんだったっけ?

わたしの中に響く声は
ずっとずっとわたし自身の奥に
しまい込まれたわたしの願い わたしの祈り

光を求めて ここまできたよね
すべての生命の平和を祈って
生きとし生ける生命の小さき鼓動に
心の中の光を響かせて生きていたわたしがいたよね

ちいさな草花に心を惹かれたあの日を
きらきらに輝く水しぶきに照らしだされた虹のまばゆさに
心躍らせたあの瞬間を もう一度思い出して

わたしの中にはまだ眠っている光がある
わたしの中にはまだ使いきれないチカラがある

諦めたらそこで終わるよ
ダメだしばかりじゃチカラは出ないよ

わたしはわたし
わたしはひかり
ひかりの子達
人はね もっともっと 素直になれる
自由になれる 光になれるよ・・・これからもっとね・・・
[PR]
# by nyaunyauchan | 2011-06-14 17:52
c0100174_19325343.jpg


あなたの声だから届く人がいる
あなたの音だから響く人たちがいる

その声を その音を 響かせたいのは
どこに暮らし どこにいる どの人だろう


愛するあなたへ
この声の主であるわたしから
真の光を響かせよう

愛しいあなたへ
この音を奏でることのできるわたしだから
真実の光の音を響かせよう


愛しているからこそ
届く光が かならず そこに宿っている
[PR]
# by nyaunyauchan | 2011-06-03 19:33

c0100174_23344720.jpg


その小さな風に乗せて 届く光がある
その小さな光に乗せて 届く愛がある

その愛に繋がる私の中に 輝く未来があり
輝く真実の願いがある


いのちある限り いのちは輝く 願いは輝く


木々のさえずり 小鳥の歌声
薫る風に乗せて届く 初夏の瞬き

そこにはまだ見ぬ 新しい生命の息吹が潜み
そこにはまだ知らぬ 新たな神々の光が宿る
[PR]
# by nyaunyauchan | 2011-05-22 23:42 | いのち
その心とともにあり続けた
大いなる願いを

わたしという存在の中に眠る
大いなる光のチカラを

このわたしが今生きるこの時代に起こった
すべての出来事は
わたしという存在そのものからかけ離れたところで
起こっているわけではないことを
わたしの本体・魂は知っている


今 この時代に生きている人はみな
今 この時代に起きている出来事すべてに
関わり合い繋がり合ってあることを


その心とともに すべてがある
その心とともに すべてがひとつにある


この小さなわたしという存在の中に眠る
大いなる光のエネルギーを
わたし自身が思いだすことのできるように


自らのその心に素直に 耳を傾けてみよう
その心とともに わたしがあり続けていかれるように・・・
[PR]
# by nyaunyauchan | 2011-05-19 00:47
言葉はいつだって
自分自身の味方にもなり
自分自身の敵にもなり得る

その言の葉に宿したい思いは
憎しみ・恨み・辛みだったの?

それともただ
寂しくて悲しくて振り向いてほしくて
意地を張ってしまっただけの言の葉?


その言の葉に乗せたかった思いが
もし本当は「愛」だったなら


もう一度自分に素直に・・・


美しき言の葉には
美しい神の光の宿る

その美しき光は
あなたの愛を彩る
新たな言の葉を生む
[PR]
# by nyaunyauchan | 2011-05-15 00:17
思いの数だけ 涙は溢れ
思いの数だけ 痛みは溢れる

この星は 痛みと苦しみに覆われた三次元という苦界
そんな苦界をあえて選び 生まれいづることを希望した
わたしたち「人」という存在

自信を失くしたり 誰かと比較したり
希望を失ったり 夢をあきらめたり
そんなマイナスな出来事の応酬に
それでも生きることを続けていく人々

それでもなお生きようとするそのチカラは
どこから生まれてきているものなのか


勇敢なる魂を持つわたしたち人間は
あえてこの苦界を選んで生まれてきたのだ

なぜならそれは 今という現実の苦しみの中にこそ
魂の学びがあることを この身の奥に宿る私自身・魂自身が知っていただかこそ


今を生きることは 誰でもない 自分自身が選びとってきた現実
その現実をどのように生きていくのか
その「今」という瞬間を生ききるために
私は何を為せばよいのか・・・

もう一度 見つめ直して

思いの数だけ 答えはある
思いの数だけ 希望はある
あたたかな思いの数だけ この世の希望は大きく膨らんでいくから・・・
[PR]
# by nyaunyauchan | 2011-05-13 13:55